TOP > RESEARCH

当研究室では、希釈窒化物半導体GaInNAsSb等の新材料やInAs量子ドット等のナノ構造に関する結晶成長をはじめとして、それらの光物性や電気特性の評価など様々な研究を行って、太陽電池の高効率化を目指しています。
以下では、研究内容の一部を紹介します。

中間バンド型太陽電池

Intermediate Band Solar Cell


IBSC.png

量子ドットや高不整合材料を用いて中間バンドを形成し、2段階光吸収による電流増大を目指す。

多接合型太陽電池

Multi-junction Solar Cell


MJSC.png

異なる材料を積層させ、幅広いエネルギー分布を持つ太陽光とのスペクトルマッチングを図る。

ホットキャリア型太陽電池

Hot Carrier Solar Cell


HCSC.png

ホットなキャリア分布を利用して、高エネルギーキャリアを外部へ抽出して高効率化を目指す。

薄膜太陽電池(基板再利用)

Thin Film Solar Cell (Wafer Reuse)

ELO.png

基板から発電層を剥がして薄膜太陽電池を作る。基板は再利用することで低コスト化を図る。

デバイスシミュレーション

Device Simulation

DEVICE.png

デバイス特性の理解から高効率動作実現へのカギを探る。

太陽電池評価技術

Evalution Technique of Solar Cell

EVALUATION.png

多接合太陽電池における各サブセルの電気特性を評価するための新たな手法を開発。